2011年03月28日

ご報告が遅くなりました。

ご心配戴いた皆さん、ご報告が送れて申し訳ありません。

私の住んでいる所は、海からは距離が有る為、津波の被害は有りませんでした。
地震当日には、避難した方がいましたが、今はいないようです。
家は、瓦が落ちてしまい、大工さんに聞くとそんな家を400件あまり抱えていて年内には直せないとの事でした。
電気は、5日程、水道は12日程で復旧し、近所のスーパーでも必要最低限のものは買えるようになっています。
給水に並び、トイレ用の水を川に汲みに行き、その上仕事に行かなければならない日々でした。
それでも、昔のストーブを残していたので、暖を取ることが出来、プロパンガスだったので、温かい食事も取れました。
ラジオから聞こえてくる悲惨さに、周りの人達と、ここは相当恵まれていると話し、励ましあっていました。
まだ、店頭に並ばない食品や衛生用品、そしてガソリン不足は有りますが、この不便さの分、被害の多い地域に物資が送られているのだと信じています。

で、実は、我が家で一番被害が有ったのが、私の部屋・・・
本棚がひとつ倒れ、もうひとつからは・・・
重い本の方が遠くへ飛ぶ事を知りました・・・
パソコンも何だか分からない状態で埋まっていて・・・
ビーズも部屋中に散乱していて・・・
部屋に入る勇気が・・・
小粒な突起の有る足裏マッサージ道のようで・・・

全て自分の、地震対策が不備だったせいだと、反省しています。
ここ数日で、ようやくPCを掘り出し、ネットを復旧しました。
ご心配を戴いた皆様、今、日常を取り戻しつつあるので、安心してください。

大きな被害に有った方々の、一日も早い復興を祈っています。

今、自分に出来る事を精一杯にし、少しでも被災者の助けになる事が一番だと考えています。
ただ、大震災の前も、復興を遂げた後も支援を必要とする人達はいらっしゃいます。
寄付や募金が集まらず、既存する支援団体が立ち行かなくなることが心配です。
もし、今まで支援していた所がある方は、変わらない援助をお願いしたいと思います。

posted by Kazuki at 15:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする